更年期、増える体重を減らす方法TOP > 更年期、体重増加の原因 > エストロゲン、多すぎか?

エストロゲン、プロゲステロンについて

 
エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)の量の著しい変化が女性の更年期の体重を左右するといわれています。

エストロゲンプロゲステロンの2つがバランスよく保たれていれば、たとえあなたが更年期を迎えようとも、「体重が増えた」などの問題とは無縁でいられます。

前のページでもいったように、プロゲステロン(黄体ホルモン)が急激に減ってしまうといったこと以外に、実はエストロゲン(卵胞ホルモン)がそれほど減らないことにも問題があります。

前頁でエストロゲンは半減するといいましたね。ところが、実質的には、その影響があまり出ない(つまり、減ったことにならない)可能性も指摘されています。

食べ物や日用品(化粧品など)に含まれる物質の影響で、エストロゲンの働きが衰えない、ということが考えられているのです。

量的にはエストロゲンは減っているのですが、環境や食べ物中にある環境ホルモンが体内に取り込まれ、

それがあたかも「エストロゲンのように」振舞ってしまうため、あなたの体の中でエストロゲン自体は減っても、他に代わりが沢山存在するため、減ったことにならないーーーといった複雑怪奇なことが起きているといわれています。

つまり、プロゲステロンがゼロであるのに対し、実質的にエストロゲンの働きは半減さえしていないのではないか、ということで、両ホルモンのアンバランスも
アンバランス。相当に大きなアンバランス状態が起きているのかもしれません。

更年期、体重増加の原因とは記事一覧

更年期と女性ホルモン

女性ホルモンが更年期に太る主な原因になっている、と今では広く知られています。女性ホルモンには2種類存在しますが、更年期になると、それら2つの分泌量のバランスが大きく変わって...

黄体ホルモン、卵胞ホルモン

黄体ホルモン、卵胞ホルモンという2つのバランスの崩れが、更年期であなたが太った主要原因であるといえるでしょう。(この2つはまとめて「女性ホルモン」と言われます。)黄体ホルモ...

エストロゲン、プロゲステロン

エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)の量の著しい変化が女性の更年期の体重を左右するといわれています。エストロゲンとプロゲステロンの2つがバランスよく...