黄体ホルモン、卵胞ホルモンという2つのバランスの崩れが、更年期であなたが太った主要原因であるといえるでしょう。(この2つはまとめて「女性ホルモン」と言われます。)

黄体ホルモン卵胞ホルモンも、それぞれの役割がありますが、更年期に重要なのは、1つ1つの分泌量よりは、2つの女性ホルモンのバランスとみてよさそうです。

つまり、黄体ホルモンが増えたなら、卵胞ホルモンもそれ相応に増える。逆に黄体ホルモンが減ったら、卵胞ホルモンも減る、といった具合に。

更年期になると、両方の女性ホルモンは減ります。両方とも減るのでよさそうなのです。

ところが、黄体ホルモンがほぼ「ゼロ」になってしまうのが問題だと言われています。バランスよく保つのであれば、ゼロでは「減りすぎ」であって、バランス的にはいけないのです。

今、黄体ホルモンがゼロに近いことが問題だといいました。が、実はもう1つの問題が、卵胞ホルモンの側にもあるようです。


 食べても太らないシリーズ 

  • 食べてやせる、5つの大きな理由 
  • 過食症を治す:過食が過食を生む
  • 太らない食べ物・食べ方
  • ギャル曽根、痩せの大食いの謎
  • 褐色脂肪細胞を増やす:これが多いと痩せる
  • むくみの原因を退治し、代謝アップ!


  • 更年期、体重増加の原因とは 記事一覧

    更年期と女性ホルモン

    女性ホルモンが更年期に太る主な原因になっている、と今では広く知られています。女性ホルモンには2種類存在しますが、更年期になると、それら2つの分泌量のバランスが大きく変わって...

    黄体ホルモン、卵胞ホルモン

    黄体ホルモン、卵胞ホルモンという2つのバランスの崩れが、更年期であなたが太った主要原因であるといえるでしょう。(この2つはまとめて「女性ホルモン」と言われます。)黄体ホルモ...

    エストロゲン、多すぎか?

    エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)の量の著しい変化が女性の更年期の体重を左右するといわれています。エストロゲンとプロゲステロンの2つがバランスよく...